ご挨拶 だだちゃ豆なら小池喜左衛門ファーム


ご挨拶

ホームページにご訪問いただきありがとうございます。
山形県鶴岡市で、だだちゃ豆を生産している小池です。
私たちは、少しでも多くの皆様にだだちゃ豆の
美味しさを伝えられるように、日々努力しています。
朝採れ新鮮なだだちゃ豆を山形県鶴岡市より、真心込めてお届けします。


ご挨拶


★NAME★
小池 貴士 (こいけ たかし)
★BIRTHDAY★
1987/06/23
★BLOOD TYPE★
B型
★HOBBBY★
走る、野球、マンガ(週間少年ジャンプ!)


農家を変えたいと思いました。私が持つ農家のイメージは「朝が早い」「汚れる」「稼げない」とマイナスのイメージでした。繁忙期は睡眠時間が僅かにもかかわらず、毎日休みなしで重労働をこなす父と母を助けたいと思い、 9年間勤めた会社を退職して千葉から山形に引っ越し、農家を始めました。 私が農家をする以上、嫁も子供も両親も全員を幸せにします。 そして、代々受け継がれてきただだちゃ豆の味の質を落とさないように、家族で協力しあい、もっと美味しいだだちゃ豆を作っていきたいです。 まだまだだだちゃ豆の知名度は低いですが、全国の人にだだちゃ豆の美味しさを知っていただけたらと思います。


生産から販売まで自分で出来ること。一般企業の場合、生産部門は生産のみ、販売部門は 販売だけを専門部隊が行っていますが、農家にはその垣根がありません。HPを作るのも 、テレビに出るのも、パッケージを作るのも全部自由です。その分責任は乗っかってきますが、達成したときの満足感は最高です。 また、家族一丸となって一つの目標に進んでいくのは、楽しいです。 そして何より、自分で作ったものをお客様に食べていただいて、美味しいと言っていただけることが何よりも嬉しいです。

★立地★
山形県の日本海沿岸(庄内地方)南部
★人口★
約13万人(県内人口が第2位)
★市の面積★
東北地方で最も広く全国7位
★特徴★
郊外には庄内米やだだちゃ豆の農地が広がっています。

 

日本で初めて!?


ネスコが認めた
食文化創造都市となりました!


鶴岡市は、地域が守り育ててきた食の多彩な文化の継承と発展、生産、加工、流通、観光、飲食、食器等、さまざまな食関係産業の活性化に取り組み、2014年にユネスコによりネットワークへの加盟が認定され、鶴岡市は日本で初めてユネスコが認めた食文化創造都市となりました。
ユネスコ食文化創造都市とは?
 

★2017/8/24★

とんねるずのみなさんのおかげでしたの「田舎でスーパーカー」のコーナーで紹介していただきました!  

 

★2018/12/25★

新婚さんいらっしゃい!「追跡調査スペシャル」で紹介していただきました!  

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加