だだちゃ豆の美味しい茹で方 だだちゃ豆なら小池喜左衛門ファーム

小池家流


だちゃ豆の美味しい茹で方





 調理時間

・15分(お湯を沸かす時間も含む)

 材料

・だだちゃ豆
・塩

洗い桶に水を少なめに入れて、ゴシゴシ強くこすり、さやの毛を洗い流します。

洗っただだちゃ豆をザルにあげて水を切ります。

鍋にだだちゃ豆が充分に浸るくらいの水と塩を少々入れ、火にかけます。

沸騰したら、火加減を調節しお好みの固さまで茹でます。

茹で加減のポイント
さやがだんだん開いてきたら茹で上がったサインです。 【※目安火をつけてから2~3分(250gの場合)】 数十秒でも食感が変わってきます。茹ですぎにご注意下さい。

味見をするときは熱いので火傷しないように注意してください!
水の入ったコップに一度だだちゃ豆を入れてから味見すると、熱くないです。

ちょうどいい加減で茹で上がったら、素早くザルにあけ、冷水にさっと通して一気に冷やします。

水切り後にお好みで塩を振ってお召し上がり下さい。

塩は熱いうちに振ってください


扇風機や冷蔵庫でよく冷やしてお召し上がりください。
※茹で立ても美味しいですが、冷やすことによって塩がなじんでより美味しくなります。

美味しく茹でるためのポイント
茹でてるときは集中して、なるたけ火から離れない!(だだちゃ豆は茹で加減がとても大事!茹ですぎるとせっかくの食感がなくなってしまうので、茹ですぎに注意!)
茹で上がったら一気に冷水または、氷水をかけ、粗熱をとる!
水気を切ったらすぐ塩を振る!(完全に冷めてから塩を振ってもなかなか塩がなじみません)

※だだちゃ豆はなるたけ早く茹でて、お早めにお召し上がりください!
だだちゃ豆は鮮度が命!どんどん鮮度が落ちて味も落ちて行ってしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加